白色光全面観測

観測は1918年から1998年までは三鷹キャンパスの口径20cm屈折赤道儀望遠鏡で写真観測が行われていました(20cm赤道儀望遠鏡では黒点スケッチの観測も行われていました)。1998年6月からは10cm黒点望遠鏡によるCCD観測が行われています。

写真観測(1918〜1998年)についてはこちらを御覧下さい。
スケッチ観測(1938〜1998年)についてはこちらを御覧下さい。

10cm黒点望遠鏡・全面画像 (jpgファイル 1000×1000ピクセル)

2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009
1997 1998 1999
図の向きは上が天の北、右が西です。
ファイル名は"srYYYYMMDD.jpg"で、'YYYYMMDD'が観測年月日です。

10cm黒点望遠鏡・線画 (psファイル)

2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009
1997 1998 1999
図の向きは上が天の北、右が西です。
ファイル名は"spotYYYYMMDD1.ps"で、'YYYYMMDD'が観測年月日です。

10cm黒点望遠鏡・領域情報

2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009
1997 1998 1999
ファイル名は"spotYYYYMMDD.txt"で、'YYYYMMDD'が観測年月日です。

10cm黒点望遠鏡・全面画像 (FITS形式デジタルデータ)

2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009
1997 1998 1999
ファイル名は"srYYYYMMDD.fts"または"sdYYYYMMDD.fts"(周縁減光補正ずみ)で、'YYYYMMDD'が観測年月日です。