黒点スケッチ観測

観測は1938年以来、三鷹キャンパスの口径20cm屈折赤道儀望遠鏡により行われてきました。直径24cmの太陽像を投影板に写し、熟練した観測者が黒点と白斑のスケッチをとります。1998年6月からは10cm黒点望遠鏡によるCCD観測が行われています (1998年以降の観測データはこちら)。

緯度分布 (蝶型図)

黒点群の座標

座標について
1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998
1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989
1970 1971 1972 1973 1974 1975 1976 1977 1978 1979
1960 1961 1962 1963 1964 1965 1966 1967 1968 1969
1950 1951 1952 1953 1954 1955 1956 1957 1958 1959
1943 1944 1945 1946 1947 1948 1949

黒点スケッチ 低解像度 (jpgファイル 885×645ピクセル)

1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998
1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989
1970 1971 1972 1973 1974 1975 1976 1977 1978 1979
1960 1961 1962 1963 1964 1965 1966 1967 1968 1969
1950 1951 1952 1953 1954 1955 1956 1957 1958 1959
1940 1941 1942 1943 1944 1945 1946 1947 1948 1949
1938 1939
スケッチは投影法により行うため、図の向きは上が天の北、左が西で、見たままの太陽とは東西が反転しています。ファイル名は"YYMMDDs.jpg"で、'YYMMDD'が観測年月日(JST)です。

黒点スケッチ 高解像度 (gifファイル 3.5k×2.5kピクセル)

1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998
1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989
1970 1971 1972 1973 1974 1975 1976 1977 1978 1979
1960 1961 1962 1963 1964 1965 1966 1967 1968 1969
1950 1951 1952 1953 1954 1955 1956 1957 1958 1959
1940 1941 1942 1943 1944 1945 1946 1947 1948 1949
1938 1939
スケッチは投影法により行うため、図の向きは上が天の北、左が西で、見たままの太陽とは東西が反転しています。ファイル名は"YYMMDDs.jpg"で、'YYMMDD'が観測年月日(JST)です。