太陽活動世界資料室

太陽活動世界資料室 (Solar Activity World Data Center)

1957-58年の国際地球観測年(IGY)にあたり、国際学術連合会議(ICSU *)は観測データの流通・利用を促進するため、世界資料センター(World Data Center; WDC)のネットワークを作ることを提案しました。これに対応して日本では、東京天文台に大気光世界資料センター(WDC C2 for Airglow)、名古屋大学空電研究所に太陽電波世界資料センター(WDC C2 for Solar Radio Emission)などが設立されました。1969年からはまた、太陽光国内資料センターも東京天文台内に設置されました。これらの組織はIGY、IQSY(太陽極小期国際観測年:1964-65)、IASY(太陽活動期国際観測年:1969-71)などの国際観測事業経費により運営されましたが、常勤職員の配置はなされていませんでした。1975年に、国際測地学地球物理学連合(IUGG)は各国政府に世界資料センター維持の協力要請を行ない、これを受けた学術審議会、日本学術会議の議論を経て、1977年からWDCを運営する国内センターの整備が実施され、1977年に名古屋大学空電研究所太陽電波世界資料センター、1978年に東京大学東京天文台太陽活動世界資料センターの定員が措置されました。1979年には、それまでチューリヒ天文台が担当していた`Quarterly Bulletin on Solar Activity' (QBSA、太陽活動季報)の編集・発行を東京天文台太陽活動世界資料解析センターが引き継ぐこととなりました。QBSAはユネスコの補助により刊行される国際天文学連合の出版物です。この業務は、ICSU傘下の天文地球物理恒久事業連盟(FAGS†: Federation of Astronomical, Geophysical, and Data Analysis Services) が統括するいくつかのデータサービスの一つです。

太陽活動世界資料室はQBSAの編集局、太陽電波、大気光の世界資料センターを担当し、国内・国外の太陽活動観測資料や大気光観測資料の収集・整理・保管を行うとともに、編集・出版して内外の研究者に提供するなどの国際的資料サービスの業務を行っています。また、三鷹・乗鞍の太陽観測装置による太陽活動の長期間にわたるモニター観測の結果をデータベースとして維持・公開しています。

* ICSUは1931年にInternational Council of Scientific Unions(国際学術連合会議)として発足し、1998年にInternational Council for Science(国際科学会議)に改称されています。

† FAGSは2008年の世界科学データシステム(World Data System, WDS)の発足の際に、WDCとともにWDSに統合されました。

大気光世界資料センター (World Data Center C2 for Airglow)

大気光(airglow)とは、地球の上層大気の原子や分子が昼間に太陽光を受けて貯えたエネルギーを、夜間に光化学反応によって光として放出する現象です。可視域では、酸素原子の緑線 5577 Å、赤線 6300 Å、およびナトリウムのD線 (5890-96 Å)の光を多く含みます。日本での大気光の定常観測は1957-58年の国際地球観測年に始まり、その後も観測装置の改良が重ねられ、現在では名古屋大学太陽地球環境研究所が超高層大気イメージングシステム(OMTI)を運用しています。以下の大気光データのページでは、1957-1994年のデータを公開しています。
文献
田鍋浩義:「夜天光」、天文月報、70、78、1977
田鍋浩義、蒿地 厚、宮下暁彦、田中京子:「東京天文台における大気光観測」、国立天文台報、1、309、1991

国際太陽系観測年(IHY)

国際地球観測年から50周年となる2007~8年は新たに国際太陽系観測年 (International Heliophysical Year)と名付けられ、全世界的な共同研究が展開されています。その活動の一つに、国際地球観測年の貴重な体験の記録と保存があり、以下、東京大学東京天文台、国立天文台OBの筆になる体験談を掲載しています。
IGYの思い出と後日談(西 恵三)
IGYの思い出(日江井榮二郎)
国際地球観測年での東京天文台の大気光観測(田鍋浩義)

リンク

国際太陽系観測年 (International Heliophysical Year)
太陽黒点指数資料センター (Solar Influences Data analysis Center, Brussels)
世界科学データシステム (WDS)
国際科学会議 (ICSU)
Solar Geophysical Data (PDF版)